カラダ元気コーナー

e0324373_1343461.jpg

本日のゲスト
京都医療センター
総合内科医師 井口美季子さん

お話しのテーマは「関節リウマチの診断と治療」について

昨年、京都医療センターの総合内科の一部門として膠原病・リウマチ内科が
設立されましたが、この1年でおおよそ1500名の患者さんが来院されたということです。
現在通院されている患者さんのうち、4割程度の方が関節リウマチ患者さんだそうです。

昔は痛み止めの治療が主でしたが、現在では生物製剤という治療法ができたことにより
治療が画期的に進化したそうです。
原因不明の長引く腫れや痛みがあれば、お医者さんにご相談してみてください。
[PR]
by fm845blog | 2016-04-26 15:40 | ワカバンネオゲスト | Comments(0)